上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月17日その2 宮城県石巻市大原小学校

この日の2箇所目におじゃましたのは、石巻市大原小学校です。
小学校の近くの漁港では、いまだ復興作業中で、いたるところにまだ瓦礫が積まれていました。
宮城県石巻市大原小学校_001
宮城県石巻市大原小学校_002
宮城県石巻市大原小学校_003

そして、大原小学校に到着です。
震災がなければ、校庭から海が一望でき、とてもよい環境で学習ができたであろうことが想像できます。
宮城県石巻市大原小学校_004

ここでは、体育館の演壇の上にこどもたちに集まってもらいアニメーション作品の上映です。
やはりここでもアニメに集中してみてくれました。
宮城県石巻市大原小学校_005

ここでは、粘土でのワークショップではなく、大きな模造紙にひとりずつが絵を書き加えていき
コマ撮りでアニメーション作品を仕上げるという、試みを行いました。
宮城県石巻市大原小学校_1

始まってみると、運動会のような様相を呈しながらも、笑いに包まれながら
楽しく作品をみんなでつくり上げることが出来ました。
宮城県石巻市大原小学校_2
宮城県石巻市大原小学校_3
宮城県石巻市大原小学校_4
宮城県石巻市大原小学校_5
宮城県石巻市大原小学校_6
宮城県石巻市大原小学校_7
宮城県石巻市大原小学校_8
宮城県石巻市大原小学校_9
宮城県石巻市大原小学校_10
宮城県石巻市大原小学校_11
宮城県石巻市大原小学校_14
宮城県石巻市大原小学校_15
宮城県石巻市大原小学校_16

この時にみんなで作ったアニメは以下のリンクで見ることができます。
興味のある方は是非どうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=210yJlM_tXk

こちらの学校には男鹿半島の反対側にある谷川小学校の生徒さんたちもこちらの教室を借りて
勉強をされています。
もちろん、我々の今回の活動にも参加してくれました。
その谷川小学校の千葉幸子校長先生に活動終了後、校長室にお招きいただき震災当日のお話や
小学校の現状をお話いただきした。
震災当日は、ともかくこどもたちを山の高いところに避難させるのが精一杯で、山の祠で一晩
こどもたちを励ましながら過ごされたそうで、まったく救助の手は届かず、自力で山を降り、
3日かけて避難所へたどり着いたそうです。
淡々とお話を聞かせて下さいましたが、本当に冷静に判断されながらも、
怖い3日間を過ごされたんだろうと想像ができ、本当に無事でよかったと思うと同時に、
今回の教訓は、きちんと後世に伝えていかなければいけないと思うので、こうして活動で
お会いした方々のお話は、このブログでもきちんと伝えていこうと決めました。

今回の3日間のボランティア活動で、あらためて感じたことは、こどもたちが押し殺している
心のなかの叫びを、彼らが思うことを思うように、やったり言ったりしていい場や時間を
提供することなんだと、改めて思います。
それは無理に引き出すのではなく、自発的な行動を「横で待つ。そして褒める」という態度。
私たちにできることは、ささやかなことかもしれないけれども、地道にこれからも続けていくこと。
それが、こどもたちに平穏を取り戻してもらう一助になると信じて進む。がんばろう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kidsvola

Author:kidsvola
私たちはこの度の東日本大震災で被災された方々、特にこどもたちの心のケアを目的に、アニメーションの上映会と粘土を使ったワークショップなどのプログラムを持ってみなさんの住む街におじゃましています。
私たちの活動に賛同くださる方からの、支援金・義援物資も募集しています。
http://kidsvola.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

【支援金振込先】
三井住友銀行 自由が丘支店
普通預金口座 口座番号:7098620
名義:ボランティアキャラバン

支援金合計(2012/12/17時点)
263,525円
『この事業は、赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」の助成を受けて実施しています』
赤い羽根リンク http://www.akaihane.or.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。